お問い合わせ  |  資料請求  |  AOBI体験  |  アクセス

青葉台駅から徒歩2分 芸大・美大受験予備校 青葉台美術学院

HOME彫刻科

彫刻科私大 芸大

感性を造形力へと導く

昼間部タイムスケジュール夜間部タイムスケジュール

※ 昼間部の受講は2限選択式となります。 ※ 受講時間はカリキュラムの都合で変更する場合があります。
※ 1限は休憩時間を含みます。

探求と創造の魅力に迫る

彫刻科は立体的な観察を通して、モチーフを空間的にとらえて制作する力が求められます。モチーフの構造感や量感を把握するための木炭デッサン、鉛筆やコンテによる素描と平行して、水粘土による塑造に取り組みます。平面での描写力と三次元的な塑造力を習得する課題を積み重ね、確かな実力を身につけていきます。また、私大入試を視野に入れつつ、芸大入試の対策課題により多く取り組むことで、彫刻科入試に不可欠な三次元的な感覚や表現力を重点的に養います。授業後期では志望校に合わせた課題を集中的に行い、入試に向けた実践力が定着するよう指導していきます。

実技追加受講コース

追加受講コースは平常コースと併せてのみ受講可能です。

実技強化

立体的な造形力が問われる彫刻科での受験では、モチーフの表面だけではなく内面も捉える力が必要です。平常授業に加えて実技強化を受講する事で、様々なモチーフに触れる機会が増え、質感や量感と言った物体により向き合った制作を数多くこなす事で、志望校合格への確かな一歩を進めていきます。

  • 彫刻科芸大 専攻
    彫刻科

    東京芸術大の彫刻科入試ではモチーフの内面をも追求した観察と描写が求められます。また、モチーフに向き合う事で得られる自由な感性とそれを表現する造形力が重要です。塑造とデッサンを段階的に制作する事によって着実に実技力を延ばします。

  • 彫刻科私大 専攻
    彫刻科

    多摩美大や武蔵美大などの私大彫刻科の入試では高い実技力とともに柔軟な発想の表現力が大きく問われます。自己の内面にあるイメージを作品の中に取り込み、表現する事が制作の大きな目標となります。

  • 石膏デッサン

    東京芸術大の一次試験で出題される石膏デッサンでは、木炭を使って形を捉えた描写が必要です。大きく石膏のボリュームを掴み、構造や組み立てを学ぶのに適した石膏像から、彫刻の基本的な理解を深めていきます。


  • 素描

    東京芸大の2次試験や多摩美大、武蔵野美大などの入試課題です。短時間でモチーフの「らしさ」を捉え表現することが求められます。出題の幅も広いことから、応用力とクロッキー力を問われます。


  • 試行錯誤

    彫刻科では試行錯誤の中から学ぶ点がいくつかあります。塑造では水粘土を大きく付けたり、削ったりというやりとり、デッサンでは木炭をたっぷり乗せたり、パンを使って消したりを繰り返します。こうした素材とのやりとりの中からモチーフと対話し、本質に迫っていきます。

  • 塑造

    彫刻科の入試で基本となる課題で、東京芸術大、多摩美術大、武蔵野美術大などの大学の入試で課せられています。石膏首像の模刻、体の一部、動物やイメージ、構成などと出題は多岐に渡ります。モチーフをよく観察して水粘土を使って再構成する力を養うことが主なポイントになります。

  • 人物デッサン・クロッキー

    近年、武蔵野美術大では動くモデルをデッサンするムービングといった人物の課題が出題されています。自然な動きや基本的な人体骨格を理解し、彫刻的なプロポーションの組み立ての習得は受験生には必須です。



  • 課外授業

    動物園等での課外授業では、学院で制作出来ない大型動物のクロッキーを行います。全身の感覚を用いて立体造形力を養うこの課題は、彫刻科の学生にとって多くの経験が得られます。また、美術館見学や彫刻分野で活躍する作家の講義を通じ、受験とその先の未来に対する刺激を得る機会も設けます。

彫刻科 年間スケジュール

3月

4月

5月

6月

7月

8月

9月

10月

11月

12月

1月

2月

3月

春期講習 3/21 〜 3/31

スタート

デッサンを中心に基礎課題に取り組みます。新学期からのスタートを意識して、各自の課題点を確認していきます。初心者は道具の使い方や入門課題に取り組みます。

合格者座談会

1学期 4/3 〜 7/9

基礎力養成

石膏デッサンや静物着彩などベーシックな課題に取り組みます。この時期に、精度の高い基礎力や真摯な制作姿勢を身につけていきます。

1学期ガイダンス 4/2(学力テストあり)
 昼間部 PM13:00〜 / 夜間部 PM17:00〜

夏期講習 7/18 〜 8/27

実力養成

1学期に学んだ基礎力を軸に、入試を考慮に入れた課題に取り組みます。入試対策の中で気がついた問題点が2学期以降の課題になります。

2学期 9/4 〜 11/26

基礎力確認&実践力養成

課題もより入試に近くなり、さまざまな問題点を具体的に解決していきます。個別課題や補習などで確実に実践力をつけていきます。

2学期ガイダンス 9/2 (学力テストあり)
 昼間部 PM13:00〜 / 夜間部 PM17:00〜

冬期講習 11/28〜1/3

志望校別応用力の養成

集中して課題に取り組むことで作品の質を高めていきます。また志望校別の対策も始まります。高い完成度の作品を安定して制作出来るようにしていきます。

彫塑とデッサンの課題

3学期 1/8 〜 3/4

入試直前実践力の完成

入試を念頭に置いた課題になります。制作時間や完成度を確認し、制作全般に対し自己管理しながら合格を目指します。

3学期ガイダンス 1/6
 昼・夜間部 PM13:00〜