お問い合わせ  |  資料請求  |  AOBI体験  |  アクセス

青葉台駅から徒歩2分 芸大・美大受験予備校 青葉台美術学院

HOME基礎科[小学生]

基礎科小学生

基礎科で美術力を育てる


絵を描く力を育てます
タイムスケジュールタイムスケジュール

小学生から本格的なデッサンや写実的な絵画を描いてみたい人のためのコースです。美大入試や美術コースのある高校への入試対策を担当している講師が、デッサンや絵を描くために必要な要素を小学生にも分かりやすく指導します。まだ進路が決まってないけど、とりあえずデッサンを勉強してみたい人でも大丈夫です。しっかりした美術の基礎を身につけるためのカリキュラムを、楽しみながら学んでいきます。

美術を学ぶ効果

子供は『学び』を通じて成長していきます。文学、科学、社会といった多岐にわたる分野への『学び』が子供の『世界』を広げていくように、美術を学ぶこと事が『世界』を広げるきっかけになると私たちは考えます。『美』とは身の回りに溢れているものです。例えば地平の彼方に消えた太陽光線が縁取る山の稜線や雲の陰影、例えば葉先から落ちた水滴が作り出す波紋とその重なり、例えば草花と空気が織りなす色の鮮やかさと調和。そのような自然の美しさを感じ取る事から人間の好奇心、創造力は養われていきます。感性を磨くには美術に触れていく事が最良の手段であると私たちは考えます。子供の『世界』を広げる一端を担えるような指導をしていきます。

  • 感動する
    アオビの授業では、自分の作品制作だけではなく、芸術作品の紹介等を通じて感じ、考えて、多面的なモノの見方を学んでいきます。美術に関わって様々なモノを注意深く見る経験によって、人間の本来備わっている感受性が育まれていきます。いままで気づかなかった事柄に関心が向くことにより“感動する力”が芽生え、成長していきます。
  • 創造力
    制作を通じて表現の仕方について学んだり、自分の創造した内面世界を外へと表現することを学ぶことで、美術だけではなく様々な分野において物事を創り上げる力を養うことができます。また制作は自己表現だけに留まらず、他者へと伝達する能力を高め、コミュニケーション能力の向上へとつながります。

  • 柔軟性
    デッサンの課題では、対象物の表面だけに捉われず、内面(成り立ち)まで観察するような学習を行います。技術的な上達だけではなく思考、感性、価値観、経験といった様々な要素を通じて『考える力』の発達を促していきます。そこから物事を解決する柔軟性を育てていきます。


  • 知的好奇心
    デッサンには注意深くモノを観察する必要があり、それらを通じて自分なりの新たな価値観の発見へとつながっていきます。習慣的にデッサンという観察行為を行うことで、普段何気なく見ているものに『美』を発見したり、一元的な単体も自然が織りなす関係性でつながっている事に気づいたり、多くの好奇心を育むことが期待できます。

デッサンを学ぶ効果

観察・表現が主体となるデッサンを学ぶことは美術的素養だけに限らず、多くの『歩む力』の成長を促す効果があります。制作を通じて、社会生活の中で重要な要素となる資質を作り上げていく一要素なるよう指導していきます。

  • 客観性

    “自分にはこのように見える”ではなく“他者からもこのように見える”が重要なデッサン。制作を通して客観的な視点が得られます。

  • 観察力

    モノを描くということは、普段以上の観察が要求されます。繰り返し見る事により普段の生活においても身の周りのモノに関心を持ち、観察する習慣が生まれます。

  • 創造力

    単純に見たものを描くだけではなく、知的な制作プロセスの構築が必要なデッサン。物事を作り上げるにあたって必要な創造力が育まれます。

  • 姿 勢

    モチーフと対面して表現していく経験から、一つのものに真摯に向き合って理解する力が備わっていきます。

  • デッサン力

  • 集中力

    定期的に長時間一つの物事の興味を持続させる機会を設けることで、自然に集中力が時間・質ともに向上していきます。

  • 感 性

    デッサンという観察と自己表現の中で、身の周りの事柄に共感していく力が育まれていきます。

  • 計画性

    観察で得られた情報から、時間内で表現できる事を取捨選択する必要があります。建設的な思考を育む効果が期待できます。

  • 進 学

    将来美術を志すにあたって必要な技術、そしてモノの“らしさ”を追求する能力を早期の段階で習得することが可能です。

『絵を描く力』を『未来を描く力』へ

子供の持つ無限の可能性を広げて行く手段はそれこそ数限りなく存在します。スポーツ、音楽、語学、科学という現在の選択肢を拡大する方法の中で美術も欠かせないものであり、将来美術に直接関わる事がなくとも実現した未来を構築する一つの要素になるはずです。その中で美術を職業にするという選択を取って頂けたら幸いです。美術を学んだ経験が財産になる事が私たちの大きな目標と成果であると考えています。

基礎科小学生授業風景